妻が朝帰りをするのは浮気?辞めさせるための「口撃」の仕方

最近になって、妻が理由をつけて外出することが多くなった・・

 

 

用事があるのはわかるけれど、帰宅する時間が「朝方」だと、さすがに怪しい。

 

 

浮気を疑っているけれども、確たる証拠はない。

 

 

今度、あとをつけようかと思っているか迷っている・・と思っていませんか。

 

 

多くの家庭ですと、旦那さんは奥さんに色々な意味で勝てないもの。

 

 

口達者、気が強い・・下手に問い詰めても逆に言い負かされそうな。女は強し。

 

 

ただ男として、このまま黙っているわけにもいきませんよね。

 

 

どうやって奥さんの怪しい行動に対処していくのか紹介していきます。

 

 

朝帰り=浮気と決めつけるのは早い?

 

同窓会がある。ママ友の集まりがある。昔の友達と遊ぶ。

 

 

専業主婦をされている方なら、なおのこと息抜きはしたいもの。

 

 

育児に家事にと、窮屈な思いをしていることも珍しくありません。

 

 

奥さんの日々の頑張りや家に閉じこもった生活を考えて、たまには息抜きを・・と考えてあげるのは良いこと。

 

 

遊ぶことは問題ないと思うんです。ただ主婦なのに「朝帰り」はおかしい。

 

 

これをご覧になっている方の多くは「優しいご主人」だと思います。

 

 

そういったところが好きなのかも知れませんけどね。ただ「ダメなものはダメ」という毅然とした態度も必要。

 

 

甘えが時には、なめられるということもありますから。

 

 

もともと飲み歩くのが好きな女性であれば、結婚後も朝帰りするのは特段怪しくないでしょう。

 

 

そうではなく、急に朝帰りするようになるなら「浮気」の可能性が高いです。

 

 

注意深く様子を見ていく必要があります。

 

 

都合よく振り回されないように、しっかり対応すべきです。

 

 

辞めさせるには、言い負かすしかない

 

万が一浮気をしていて、火遊びが本気にならないようにしっかり対応したいところ。

 

 

奥さんにハッキリ自分の意思を伝えましょう。ただ、「浮気してるんだろう?」と問い詰めるのはNG。

 

 

仮に違えば夫婦の信頼関係に溝が生じます。クロだとしたら、さらにばれないように巧妙にする可能性もあります。

 

 

「朝帰りしている事実」をやめさせることに絞りましょう。

 

 

口喧嘩にどうやって勝つか

 

女性に口で勝つには、事前準備が必要です。

 

 

○言い争いも人生も、勢いがある方が強い
→相手が「戦闘モード」に入る前に、勢いで一気に押し切れるのが理想です。ぐうの根も出ないように。

 

 

○1から10まで話す
→相手が口達者な女性であるほど、この方針は大事です。「どんな行為がいけないのか」「どうして欲しいのか」を整理して一気に話す。

 

→相手の出方を考えてしまったり、ぼやっとしか話すことを決めていないと、相手につけこまれます。女性は聞きながら自分が話すことを色々考えられます。

 

→相手は感情で動く生き物なので、理屈でなく気持ちをぶつけてきます。そこに動じず、冷静に。だけど強い口調で毅然とした態度を。

 

 

○相手のペースに乗らない

 

→女性は自分が不利になると、元の問題とは関係ないところをビシっと突いてくる傾向があります。

 

→相手が途中で口をはさんできたり、質問してきても乗らずにこちらが主張したいことを淡々と語りましょう。

 

→話がそれたら話題を本題に戻す。反論があれば「お互いの妥協案を出している」の一点で責めましょう。

 

→男は理論、女は感情。この違いがあるからこそ、相手のペースにはまると立て直しが難しくなります。

 

→理論で打ち負かすというより、"こちらのお願いを聞いてもらう"という考えが良いです。

 

○相手のことを認める、いたわる気持ちを忘れずに

 

→相手を一方的に責めるだけでは「この人はわたしの大変さをわかってくれない」と亀裂が入ってしまいます。

 

→相手の普段の家事育児での貢献は理解をしつつ、行動がおかしいということを認識させましょう。

 

→もちろん、息抜きをすることは悪くないということを強調して。

 

 

それでも辞めない場合は、浮気調査をしよう

 

・話し合いをしたけれど、妻が全然折れなかった。

 

・話はついたけれど、なんだかんだで繰り返す。

 

 

一旦火がついてしまうと、女性の方が"本気になる"ことがあるのが不倫の怖いところ。

 

 

結局何の進展もないまま、時間だけが経過していく・・というのはよろしくありません。

 

 

浮気は時間が解決するものではないからです。

 

 

対策としては、浮気調査をしてみることが必要です。メールやラインの履歴を見るのもアリだと思います。

 

 

仮にパスワードロックがかかっている場合、それを破るのは法に触れます。

 

 

ただし、結婚相手(身内)がロックされていないスマホを見るのは犯罪行為ではありません。

 

 

向こうがやましい行動をとっているのですから、見ることに正当性はあるのではないでしょうか。

 

 

ただし、あくまで話し合いの結果進展が見られなかった場合のみ。手を尽くしても改善できないのなら、次の手を考える必要があります。

 

 

そこで浮気の確証をつかむのが良いでしょう。

 

 

いずれにせよ、浮気がシロなのかクロなのかをはやめに判断し、場合によっては探偵にたしかな証拠を掴んでもらう必要もあると言えます。