旦那がコンドームを隠し持っていた|浮気をどう問い詰める?

旦那がコンドームを隠し持っていた|浮気をどう問い詰める?

 

旦那さんの持ち物から、ふとコンドームがあることを発見してしまった。

 

 

見つけてしまった瞬間、どうしたらいいか動揺してしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

浮気で間違いないという気持ちを持ちつつ、心のどこかでは「夫のことを信じていたい」という矛盾した気持ちもありませんか。

 

 

このような問題の時、身近に相談出来る人はなかなかいないケースが多いもの。こうした場合、どうすべきなのかについて紹介したいと思います。

 

 

避妊具を持っているのはクロ?

 

まずここが気になるところだと思います。どういうシチュエーションであれ、どこから見つかったものであれ「クロ」に限りなく近いです。

 

 

あらためてこの事実を申し上げるとショックを受けるかもしれませんが、それは悲しいですが事実なのです。

 

 

まだこれが中学生くらいであれば「お守り代わりにコンドームを持っていた」という言い訳もありますが、大人で持っているのは「確信犯」です。

 

 

単なる興味本位で持参する物では決してありません。

 

 

普通は夫婦の寝室に置いておくはずのものを、わざわざ通勤カバンや財布などに入れておく理由はありません。

 

 

「使うアテがあるから、持参している」のです。車の中に入れておくケースも、多いようですね。

 

 

少し厳しい言い方になりますが、コンドームを見つかるというのは言い逃れがしにくいものです。

 

 

それを敢えて自宅に持ち帰るというのは、奥さんのことを見くびっている可能性もあるのです。プライドを傷つけられて悔しいですよね。

 

 

おそらくはじめは慎重に浮気をして、だんだんと慣れてきてきっと大丈夫だろうという慢心が、ご主人の中に芽生えてきたのかもしれません。

 

 

未遂の可能性もゼロではない

 

コンドームをどういう状態で見つけたのかも大事です。箱ごと持っていて、中身を開けていなければ「これから使う」可能性も残されています。

 

 

相手の女性はいるが、近いうちにそういうことを想定しているということ。

 

 

実際に肉体関係があるのはもちろんですが、これから関係を持とうと想定しているのも立派な浮気ですが。

 

 

もし仮に未遂であるならば、すぐに問い詰めて辞めさせることも不可能ではないです。ですがリスキーな方法であることに、間違いはありません。

 

 

・ずっと関係が続いていて、たまたま新しいコンドームの箱だった。

・下手に問い詰めると、相手が言い逃れして事実を隠してしまう。

という可能性も残されているからです。

 

 

浮気のショックで一時的に感情が高ぶって、つい問い詰めたくなる気持ちもわかりますが、得策ではありません。

 

 

どうやって真実を明らかにすれば良い?

 

裏切られた気持ち、旦那への怒り、浮気相手への憎しみ・・いろいろな感情に振り回されるかもしれません。

 

 

ですが浮気の場合は「先のこと」をしっかり考えていかなければなりません。「冷静」になるのは無理ですが「クレバー」になりましょう。

 

 

直接コンドームを本人に見せて、どういうこと?と聞き出すのは最終手段にすべきです。

 

 

多くの場合は「いたずらされた」「たまたま上司にもらった」などという、苦しい言い訳をします。それでもダメなら開き直って逆ギレされます。

 

 

ご本人が、旦那さんと今の生活をそのまま維持したい。許すから元の関係に戻りたい。そういう意志があるのなら止めません。とことん旦那さんと話しあって認めてもらい、二人で一からやり直す覚悟を決めましょう。

 

 

それ以外の「旦那と別れたい」「浮気相手に制裁を加えたい」気持ちがあるのなら、話は別です。

 

 

旦那さんに問い詰めたい気持ちはぐっとこらえましょう。「浮気の証拠を押さえる」ことに徹してください。

 

 

「慰謝料」をもらうために、浮気の証拠をつかむまで「泳がせておきましょう」。

 

 

離婚するときに証拠を押さえておけば、慰謝料をもらえるからです。

 

 

夫と離婚する気がなくても、浮気相手にだけ慰謝料を求めることもできるのです。

 

 

どうやって証拠を集める?

 

まずは身近なところで証拠を集めましょう。

 

 

コンドーム自体は証拠になりませんので、ラブホテルのレシートなど、"肉体関係があったことの証拠"を探します。

 

 

それを写真にこっそり残しておくのです。

 

 

一番大事なのは決定的な証拠。浮気相手とご主人が、ラブホテルに出入りしたときの写真を残しておくこと。

 

 

この証拠がつかめれば、慰謝料請求に非常に優位に働きます。

 

 

本来なら奥さんが写真撮影できれば良いのですが、裁判で証拠となるものを残すには探偵に頼んで撮影してもらうのが一番です。

 

 

単純に顔が写っていれば良いと言うわけではなくて、裁判所で認められるように撮影する必要があるからです。

 

 

探偵事務所に頼むと当然費用がかかります。ですが慰謝料で十分おつりが来ます。

 

 

円満に解決するつもりなら、探偵に頼む必要はありませんが。

 

 

最終的にどのような形に持っていきたいのか。それによって取るべき行動は変わります。

 

 

感情的になりやすいのが夫の浮気ですが、したたかさを持って対応すること、それが何よりも相手に対する制裁になるはずです。

 

 

避妊具をもっている以上、浮気は限りなくクロになってしまう現実。

 

 

ショックで辛い毎日を送られていることと思いますが、あくまで衝動的に旦那さんを問い詰めるのだけはやめましょう。自分が損しますから。

 

 

悔しいじゃないですか、こっちは何もしていないのに相手に有利になってしまうのなんて。