旦那の態度に変化を感じる|浮気と感じた時の対処法4パターン

もしかして・・浮気?と感じてしまう、旦那の態度。

 

 

突然、なんの前触れもなく変わってしまった夫に戸惑うかたも少なくありません。

 

 

たしかに人間ですから、その日の調子があったり、仕事で色々抱え込んで気分が悪い日もあるでしょう。

 

 

ただ、どうも女の影をにおわすような変化を感じる場合。

 

 

今、旦那さんがどんな心境にあるのか

どういう対処をとれば良いのか

 

 

について、紹介していきたいと思います。突然の変化にどうしていいかわからない貴女の参考になれば幸いです。

 

 

旦那の態度のパターン別原因

 

浮気の可能性がある場合、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

 

極端に冷たくなるか、優しくなるか。のいずれか。

 

 

これまでと違う変化や違和感を感じているのであれば、間違いなく「何かがある」のです。女の勘は鋭いですから。

 

 

夫が急に冷たくなった

 

根底にあるのは、奥さんに対する愛情が覚めてしまっていること。

 

 

浮気相手との関係があるのなら、相手に本気になっている可能性が高いのです。

 

 

場合によっては、離婚もいとわないということも。男は単純ですから、すぐ調子に乗って後先考えない行動をとりがち。

 

 

具体的な兆候としては、
・口数が少なくなる

 

・妻の行動に関心を示さなくなる。無関心。

 

・妙にキレやすくなり、ケンカをふっかけてくる

 

・夫が抱いてくれなくなる

 

 

ここで大事なのは、「今までも冷たい態度をとっている」のであれば、特段疑う必要はありません。

 

 

もともと喧嘩っ早い人もいますし、それはその人の性格なので。あくまで見極めるべきは「ビフォーアフター」。

 

 

たいてい浮気をするのは=やましいこと。なので冷たくなるというよりも優しくなるパターンの方が多いのですが。

 

 

そこをあえて冷たくなるというのは、やましさを感じていないか、夫婦関係が破たんしても構わないという姿勢の表れ。

 

 

夫が急に優しくなった

 

もともと優しく思いやりのある夫なら、なんの問題もあります。といいますか、常にこうあってほしいものですが・・

 

 

今まで素っ気なかったのに、「コロッと」手のひらを反すように変わったというのなら。

 

 

浮気をしていて、後ろめたいのです。浮気自体は許されるものではないですが、まだ罪悪感を感じているということ。

 

 

不倫相手との関係は、遊びとして割り切っている可能性が高いのです。

 

 

つまり、今の奥さんとの関係を維持したい。家庭は守りたい。でも愛人との関係も楽しみたい。身勝手でずるいですけど。

 

 

具体的な兆候としては、
・家族サービスに熱心になる。子供の面倒を率先してみる。家事を手伝う。

 

・突然、記念日でもないのにプレゼントやお土産を買ってくる。

 

・優しい言葉、いたわる言葉をかけるようになる。

 

 

背景にあるのは「後ろめたさ」。ばれないように、隠そうとする男の本能です。

 

 

悪いことをしていて後ろめたい。本当ならいつもと同じようにふるまっている方がばれないのですが。

 

 

黙っているのも落ち着かない。自身の不安をかきけすように行動を起こします。

 

 

こちらが対処すべきこと

 

いかがでしょうか。

 

 

旦那さんの意図するところは、なんとなくつかめたのではないかと思います。

 

 

問題はここから。これに対し、どういう対応をすれば良いのでしょうか。

 

 

つい、相手の気持ちばかりを考えてしまいがちですが、本当に大事なのはご自身の気持ち。

 

 

今現状は、認めたくもないかもしれませんが「相手のいいようにやられている状態」。

 

 

あなたが損をしないために、どう行動すべきなのかを考えるべきだと思いませんか?

 

 

最悪の場合、離婚を切り出されて何も残らない。夫のために尽くしてきた日々が踏みにじられる可能性があるのです。

 

 

「あなたがどうしたいのか」「夫はどういう気持ちなのか」の組み合わせは4パターン。

 

 

それぞれに対し、どうすべきなのかを紹介します。

 

 

お互いの気持ち、4つのマトリックス

 

パターン1:夫は別れたい、妻も別れたい

 

離婚については問題なく進むでしょう。問題は慰謝料の問題です。

 

 

相手が浮気の事実をなかったことのようにして、慰謝料を最低限に持っていく可能性もあります。

 

 

事前に浮気の証拠を入手し、「不貞の関係(肉体関係)」があったことを証明すれば、裁判で慰謝料をしっかりとることができます。

 

 

pターン2:夫は別れたい、妻は別れたくない

 

夫は愛人との再婚を望んでいる場合、でも貴方は夫の愛情が残っている。もしくは子供がいて別れたくない。

 

 

修復するには、2つの方法があります。

 

 

1つは、「ほとぼりが覚めるまで待つ」ようにする。

 

 

精神的にはつらいかもしれませんが、女としての魅力をしっかり保つこと。

 

 

必要以上に詮索せず、おおらかに。顔は笑って心は泣いているくらいの気持ちで、暖かく迎え入れる。

 

 

いつかその日を信じて、待つというのも一つです。

 

 

もう1つは、浮気相手に対し直接「脅し」を入れるか。慰謝料請求する旨を伝えれば、相手は逃げる可能性が高いです。

 

 

パターン3:夫は別れたくない、妻は別れたい

 

もういい。三下り半をつけているのであれば、離婚や慰謝料に向けて準備をしましょう。

 

 

離婚は双方の合意がなければできません。ただし、浮気をした事実が認められれば離婚できます。

 

 

そのためには、浮気現場を抑えた写真や映像を入手する必要があります。

 

 

パターン4:夫は別れなくない、妻も別れたくない

 

とにかく、話し合うしかありません。一刻も早く、奥さんの気持ちをぶつけましょう。

 

 

どれだけ辛い思いをしているのか、わかってもらうのです。

 

 

かたくなに浮気の事実を否定されるかもしれません。その場合は、浮気相手に直接アプローチするしかないでしょう。