間違えないで!旦那の携帯を見て浮気がわかった時の対処法

旦那の携帯を見て、女の子との親密なやりとりを見つけてしまった・・

 

 

浮気の疑惑があって問い詰めたいけど、それが間違いの無い証拠か?逆ギレされないか?

 

 

いろいろと考えるのではないでしょうか。精神的に動揺していて、ちゃんと言いたいことも言えるのかどうか、不安もあるでしょう。

 

 

そもそも携帯で浮気が発覚した場合、問い詰めるのが本当に良いのでしょうか?

 

 

やりきれない気持ちもあって、相手にぶつけたいのもわかりますが、一歩引いて考えた方が良いです

 

 

。こちら側の出方によっては、取り返しのつかないことになりますので注意した方が良いですよ。

 

 

はじめの対処方法が違ってくると、ますます旦那さんの思うツボになってしまうことも。

 

 

そうなってしまったら、悔しいじゃないですか。絶対に損をしないためにも、どう対処していけば良いのかを紹介します。

 

 

問い詰めても、期待する結果にはならない

 

「相手が悪いことをしているのに、どうして問い詰めるのが良くないの?」と思うかもしれません。たしかに気持ちはわかります。

 

 

事実を話して、こちらが強く出てもほとんどのケースではうまくいきません。

 

 

「浮気などしていない」の1点張りか、「どうして俺のこと信用しない!」の逆ギレか、「どうして携帯を勝手に見たんだ!」と議論のすり替えをするか。

 

 

いずれかです。

 

 

「わかった。もうしない。許して欲しい」。こんなシナリオを考えているかもしれませんが、現実は甘くありません。

 

 

認めてしまうと、「妻と別れたくない」「慰謝料を払わなければならない」男の側も、いろいろな計算が働くワケです。

 

 

問い詰めてはいけない一番の理由

 

下手に問い詰めると"相手が浮気の事実を隠してしまう"これが一番まずいです。

 

 

冒頭で「取り返しのつかないことになる」と申し上げましたが、このことを指しています。

 

 

浮気の事実を隠される。奥さんが離婚や慰謝料をもらうことを考えているのなら、一番まずいパターンです。

 

 

証拠をしっかり押さえる前に「雲隠れ」されると、こちらの思うように物事を運べません。

 

 

浮気をしたあと、裁判所で争うケースは3つあります。

・奥さんは離婚したいが、旦那さんがそれを認めない

・旦那さんに慰謝料を請求する

・離婚はしないが、浮気相手に慰謝料を請求する

上記のいずれかをお考えであれば、「浮気の証拠」がないとお話になりません。

 

 

旦那さんの浮気さえ辞めさせればよい、浮気相手への制裁も旦那さんとの慰謝料も考えていない。

 

 

それであれば問題ありません。ただ今後、気が変わるかもしれない、もしくは浮気発覚時点で上記のことを考えていたのなら注意です。

 

 

離婚や慰謝料を請求する、請求せずにやり直す、両方の可能性を残しておくのがベストかなと個人的には思います。

 

 

はじめはやり直す前提でいた奥さんが、後で後悔したケースも、見てきましたので。

 

 

浮気している段階で旦那さんに問い詰めずに、そのまま泳がせておくのです。

 

 

それで探偵事務所に張り込んでもらって、ラブホテルから出入りした証拠を押さえてもらうこと。

 

 

これが強力な証拠になり、慰謝料や離婚に有利に運ぶのです。

 

 

ラブホの領収書、携帯のやりとりも証拠になりますが、もっとも確実で強力なのが「浮気現場の写真」になります。

 

 

浮気しているかもしれないという動揺もあり、気持ちも不安定になるかもしれません。

 

 

あるとき、気持ちが一気にあふれ出しそうになるかもしれません。ですがぐっとこらえることが大事なんです。

 

 

"これ以上旦那さんの好きなようにさせないぞ"、という強い意志を。

 

 

とりあえず、下手に動くのは止めた方がいいです。

 

 

携帯を見るという行為は、実はグレー

 

問い詰めないという選択肢をしたのであれば、携帯を見たという事実は最後まで伏せておくべきです。

 

 

なぜなら裁判の時にこちらが不利になるからです。

 

 

そもそも携帯を見るという行為が、問題だからです。連絡のやりとりはメールよりもLINEが主流だと思います。

 

 

LINEですとパスワードでロックもかけられますよね。それを破って中身をみると、「不正アクセス禁止法」に該当します。

 

 

この場合、途中でばれると刑事罰の対象にもなります。慰謝料どころの話ではありません。

 

 

ロックがかけられていない状態で見た場合は、直接法に触れることはありません。

 

 

ですが「夫のプライバシー侵害」ということで、逆に慰謝料を請求される可能性もあるのです。

 

 

弁護士に悪知恵をつけられてしまうと、夫がそのカードを切ってくる可能性もあるわけです。

 

 

浮気が発覚するのは、たまたま待ち受け画面にLINEのメッセージが表示されて気づくケースもあります。

 

 

ですがそれを証明するのは難しく、悪意をもって"見た"とみなされても仕方がないのです。

 

 

浮気にどうして気づいたのか?と問いただされたときには、女の勘であることを伝えた方が無難です。

 

 

すべて正直になる必要はありませんので。そもそも悪いことをしているのは向こうなので、こちらはクレバーに行きましょう。

 

 

そもそも、浮気しているのか?

 

今までは「浮気が確定している前提」でのお話でした。

 

 

そもそも、携帯(スマホ)で見たときに全てがクロなのか?というところもあります。

 

 

たとえば「愛してる」「好きだよ」といったラブメールも、冗談でやっている可能性もあるわけです。

 

 

いずれは進展するかもしれないのですが。もしかすると、奥さんが「浮気している」と決めつけている可能性もあります。なので、今一度チェックしてみましょう。

 

 

クロかシロか、判断が難しい

・携帯を複数台持っている

⇒持っていることを隠して入れば怪しいですが、仕事用とプライベート用を分けるのはよくあることです。

 

・実際に会う約束をしている

⇒直接ラブホや肉体関係を疑うような内容でない限り、ただの食事の可能性も十分あります。

 

・携帯は常にロックしている、手放さない

⇒もともとそういう人なら、問題ありません。

 

 

限りなくクロに近い

・"急に"携帯の扱い方を変えた

⇒突然ロックをかけるようになった、突然携帯を一切いじらなくなった など
⇒短期間で今までの習慣を変えると、怪しいです

 

・やりとりを消している

⇒メールやLINEのトーク履歴を"全て"消している場合は、「やましいから」消しているのです。 社交辞令で交換した人も、はじめの挨拶くらいは残しているはずですので・・

 

・メールと行動がセットになっている

⇒女の子とのやりとりを匂わすメールが発覚してから、残業や休日出勤が急に増えてきた場合は怪しいです。