【夫の浮気】裁判で勝つために必要な証拠の見つけ方

夫が浮気している場合、どうやって証拠を見つけたらいいのでしょうか。

 

 

慎重な旦那さんほど、証拠隠滅は完ぺきに行うものです。ただ泣き寝入りだけは、絶対にしたくないもの。

 

 

離婚もしくは慰謝料を考えているのなら、裁判で認めてもらうための証拠を意識しましょう。

 

 

浮気の時の証拠の見つけ方、見つけた後の展開について詳しく紹介したいと思います。

 

 

浮気の証拠には2つのタイプがある

 

証拠といっても、やみくもに集めれば良いというものではありません。優先順位があります。

 

 

浮気を暴くのに必要な証拠・裁判で勝つために必要な証拠。性質が違う2つのものがあるのです。

 

 

浮気を暴くのに必要な証拠

 

 

浮気をしているか、白黒ハッキリつけたい時に集める証拠のこと。

 

 

直接旦那さんに問い詰めて、認めざるを得ないというものになります。

 

 

これから紹介する「裁判で勝つ証拠」とは性質が異なります。「あんた浮気しているでしょ!」というための証拠です。

 

 

どうやって尻尾をつかんでいくのか、具体的にお話しします。

 

 

代表的なものでいえば携帯やスマホ。通話履歴を残すほど油断している男性はマレかもしれません。

 

 

LINEでのトーク履歴だったり、あえてEメールやキャリアのメールでこっそりやりとりしている場合があります。

 

 

ここで注意したいのは、「IDやパスワード」を設定している場合。中にはそれを破って閲覧する女性もいますが良くありません。

 

 

違法行為にご用心

 

「不正アクセス禁止法」に引っかかってくるのです。刑事罰の対象となりますので、うっかり確認して問い詰めると大変です。

 

 

実際に捕まることはないとは思いますが、離婚や慰謝料の話になった場合、確実に裁判官の心証は悪くなります。

 

 

こちらの主張が認めてもらえなくなる可能性が、高くなるのです。これは致命的なミスです。

 

 

男性の盲点をつく

 

浮気している「やましい男性」は、当然ながらばれないように用心します。いつ奥さんが確認してもばれないように頭を使ってます。

 

 

そうはいっても、完ぺきに隠すことは難しいのです。必ず何らかの形で「ぼろ」が出ます。

 

 

レシートは財布をチェック

 

浮気の証拠として、普段行くはずのない場所での買い物を記したレシートがあります。

 

 

ゴミ箱を探してレシートを見つける、のは難しいです。男性側も馬鹿じゃありません。そんなものを自宅のゴミ箱に投げるはずもなく。

 

 

外に行って捨ててきます。ですが盲点があります。「財布の中」。

 

 

財布の中にレシートをためておいて、外で捨ててくる。こまめにコンビニのゴミ箱で捨てるほどマメな人はそうそういません。

 

 

奥さんは、旦那さんの財布を毎日チェックしましょう。そしてスマホでレシートの写真を撮影しておきましょう。案外見つかるものです。

 

 

車の中は無防備

 

平日の夜、抜き打ちで旦那さんの車の中をチェックするのも効果的。

 

 

たいていは週末に証拠隠滅のためにスタンドに行きつつ、証拠隠しをするもの。

 

 

ダッシュボードにコンドームが入っているケース、意外に多いんです。

 

 

相手と定期的に関係がある場合は、その都度買わずに車に入れておくんですね。

 

 

あとは助手席の下のシートに髪の毛がないかどうかのチェックを。買い物に行くふりをして、さりげなく車の中を見ると良いでしょう。

 

 

裁判では証拠になりませんが、直接問い詰めて認めさせたい場合には、こうした方法で尻尾をつかみましょう。

 

 

浮気を見つけるアプリ、GPSをつけるなどいろいろほかにも方法はあります。ですが違法行為になる場合もありますので、あまりプライバシーを探るようなことは避けたほうが無難です。

 

 

裁判で勝つために必要な証拠

 

浮気を認めさせる証拠に対し、こちらは「裁判のための証拠」。

 

 

浮気が発覚したあと、元さやに戻るのも一つですが許せない場合。離婚するか、旦那に慰謝料を請求するか、浮気相手に請求するか。

 

 

離婚という権利の主張、もしくは金銭的要求をする場合は「裁判用の証拠」が必須と言えます。

 

 

裁判用の証拠とは、いったい何でしょう。

 

 

不倫相手との肉体関係が証明できる証拠です。「不貞の証拠」と言います。

 

 

もちろん、実際の行為を撮影するわけにもいきません。「浮気していることが間違いないであろう」証拠になります。

 

 

100%ではないけれど、100に近い確率となる証拠と言いますか。

 

 

一般的には「2人がラブホテルに出入りした写真」です。動画でもいいです。

 

 

多くの方が勘違いしているのですが、入ったときだけの写真では不十分ということ。

 

 

入った時間、出た時間その間に性交渉ができる時間であること。

 

 

入った写真だけでは、相手がホテルの中でちょっとトイレ休憩していたという無茶な理屈も通る可能性があるのです。

 

 

暗い場所で、2人の写真がばっちり映った写真。ご自身でもできそうに思うかもしれませんが、素人ではまず無理です。

 

 

きちんとした写真がとれるか、相手に気づかれずに追えるのかという問題。失敗したから次こそは、というのが難しい世界でもあります。

 

 

今のチャンスを逃したら、もう終わりになるかもしれないというリスク。証拠がなければ泣き寝入りにならざるをえません。

 

 

お金はかかりますが、探偵事務所に依頼するのは必須です。慰謝料で穴埋めすればよいだけの話です。

 

 

旦那さんとの関係をどうするかはわかりませんが、どう転んでも浮気の確たる証拠を掴んでおくことは必要といえます。

 

 

「後になって、やっぱり必要だった。は通用しない世界です。」

 

 

浮気の確信を得るためだけに証拠を集めるのもいいですが、「これから先の決断」を嫌でもしなければならないのです。

 

 

今から、先を見据えた行動をたてていくことが、ご自身が一番「損しない」人生を送ることになるのです。

 

 

相手のためじゃないんですよ。あなたの未来のために、しっかり準備をしましょう。