浮気の確証を得る証拠|探偵に任せても赤字にはならない

奥さんが浮気をしていることが明らかで、確証となる証拠を得たい。

 

 

まず、浮気していることは間違いない。ただし、物的証拠がない場合。

 

 

旦那さんとしては判断に困るところですよね。問い詰められるかどうか。

 

 

もしくは、すでに離婚から慰謝料までを想定されているかもしれません。

 

 

浮気証拠について、気になる疑問についてお答えしていきたいと思います。

 

 

確証を得る証拠はどんなもの?

 

正面を切って、浮気しているのか?と切り出すのも方法の一つですが得策ではありません。

 

 

「していない」の一点張りで認めようとしない場合。証拠はあるの?と切り出されると言葉に詰まります。

 

 

問い詰めて真実を明らかにする場合、確実に認めさせるところまで持っていく必要があります。

 

 

中途半端に逃げられると、浮気の証拠を隠して水面下で動くことになります。

 

 

白黒ハッキリつけたいのに、ずっと心の中でもやもやが残ることになりかねません。

 

 

感情的になりがちですが、そこは一歩引いた冷静な対応が望まれます。

 

 

気持ち的には怒りやら悲しさやらで、心中穏やかではないのは当然だと思いますが・・

 

 

・飲み会が増えた、外出が増えた

・スマホを手放さない

 

浮気を匂わせるものですが、直接の証拠と聞かれれば答えはNO。

 

 

シラを切られたり、なんだかんだ理由をつけられたらそれ以上強く出ても平行線になります。

 

 

「浮気だとわかるもの と 相手を説得するもの」は違うのです。

 

 

確実に浮気をしている、つまり「浮気相手の男と一緒に密会している」ことを客観的に示す証拠が欲しいところ。

 

 

自分で盗聴器やボイレコを設置するのは駄目?

 

早い話、男とあっているかどうかを知る確実な方法は盗聴すること。

 

 

ご主人の不在時に自宅に連れ込む女性もいるようですが、多くの場合は外出先のラブホが鉄板。

 

 

奥さんの鞄や車などに、こっそり盗聴器やボイスレコーダーをしかけるという方法があります。

 

 

正当な理由であり、なおかつ夫婦間であれば盗聴行為自体は刑事罰の対象にはなりません。

 

 

ただし、奥さん側から民事訴訟を起こされる可能性がありますので注意を。

 

 

プライバシー侵害として、弁護士を盾にされると浮気調査どころではなくなりますので。

 

 

もっとも、奥さんとの信頼関係がなくなりますので、離婚前提の調査方法にはなりますが。

 

 

合法的にかく確実に依頼するには、探偵事務所に依頼するのが一般的です。

 

 

興信所とどう違うの?と思われるかもしれませんが、最近は垣根がなくなりました。

 

 

元々興信所は、個人の素行調査や企業の調査を行うのが主力でした。

 

 

浮気調査として専業するという事務所も増えています。

 

 

興信所だから良い、探偵だから悪いということはありません。

 

 

あくまでその事務所がどうなのか?という点にかかってきます。

 

 

探偵に支払うお金はない?

 

探偵事務所に依頼するとなると、高額な請求が来るとイメージする方も多いのではないでしょうか。

 

 

たしかに数十万クラスの費用がかかります。サラリーマンの方であれば、賞与1回分くらいは飛んでしまうくらいの金額。

 

 

いろいろなローンも残っているのに、そんなの支払えない・・と思う方もいるかもしれません。

 

 

ただ、言い逃れできない証拠を、合法的に撮影してくれるのは探偵しか選択肢がありません。

 

 

もちろん、証拠をつきとめるだけに高いお金を払うのは割に合わないと思いますよね。

 

 

浮気相手に「慰謝料」を請求できるのです。

 

 

通常であれば、浮気相手に慰謝料を請求して要求が飲まれれば証拠は必要ありません。

 

 

向こうが支払いを拒否すれば、裁判で争うことになります。

 

 

その際に探偵で撮影した調査報告書が強力な武器になるのです。

 

 

探偵費用が30〜50万円。

浮気相手からもらえる慰謝料の相場は100〜200万円。

 

 

もちろんこれで商売をするわけではないですから、儲けは良いとして少なくとも赤字にはなりません。

 

 

慰謝料を請求するのは、奥さんと離婚を考えていなくてもできますので。

 

 

・白黒をはっきりさせる証拠を得る

・探偵に依頼しても赤字にはならない

という面から、探偵に早い段階で依頼するのが得策と言えます。

 

 

もちろん、探偵事務所のすべてが優良ではありません。なかには悪質の業者もあります。

 

 

お金だけふんだくっておいて、ロクに調査をしない。

 

 

もっとお金を払えば証拠が掴めそうです、と言って追加料金を払わせる。

 

 

ある程度の規模の探偵事務所でなければ、詐欺まがいのことをされます。選ぶ際には注意が必要です。

 

 

悩みを一日でも早く、軽くするために焦る気持ちがあるかもしれませんが、探偵選びは慎重にすべきです。

 

 

もちろん、浮気されているままズルズル何も行動をおこさないのは論外。

 

 

時間は待っていても、解決することがないのが浮気ですので。