自分で尾行するのだけは辞めた方がいい理由

妻が浮気をしていて、なんとか真実をつきとめたいと考えている方。

 

 

探偵に尾行をお願いするのは高くつくから、自分でなんとか尾行したい。

 

 

現行犯でとらえて、妻にカツをいれて一発で解決してきたい気持ちもわかります。

 

 

果たして、尾行することは可能なのでしょうか。また、どういうデメリットがあるのか。

 

 

尾行を考えている方は、参考にしてみてください。

 

 

GPSを付けるのはダメ

 

尾行するのに、最も一般的な道具はGPSになります。

 

 

GPSで動向がわかれば、愛人とどこで何をしているのかが一発でわかります。

 

 

奥さんが車で移動している場合は、車両につけたり。

 

 

浮気相手の車で移動するなら、持ち物にこっそり忍ばせたり。

 

 

どういうGPSの機器が良いのかな?ということを考える前に。

 

 

そもそも、GPSを付けるという行為はやめた方がいいです。

 

 

違法ではないが・・

 

これが赤の他人、たとえば恋人同士であれば「アウト」。ストーカー規制法の対象になります。

 

 

ところが目的を持っていれば、婚姻関係を結んだ夫婦同士の追跡を罰する法律はありません。

 

 

ただし、「刑事罰」がないというだけ。

 

 

奥さん側が、プライバシーの人権侵害だと訴えられると話は別です。

 

 

人権侵害で慰謝料を請求される可能性もあります。弁護士に入れ知恵を付けさせられたらの話ですが。

 

 

また、裁判での証拠としても「グレー」です。

 

 

慰謝料請求で相手が認めない場合は、裁判で争うことになります。その時にGPSも証拠にすることができるのですが・・

 

 

裁判官によっては、違法収集として証拠を棄却される可能性もあるのです。通常は認められるものですが・・

 

 

・プライバシー侵害で訴えられる

・裁判で証拠として認められない場合もある

 

という2点から、GPSでの浮気追跡はやめた方が良いでしょう。

 

 

あくまで「浮気しているかどうか明らかにする」目的でとどめておく。

 

 

奥さんにも言わないし、裁判でも出さないというのなら、話は別ですが。

 

 

尾行するのは簡単ではない

 

GPSがダメなら、次に考えられるのが「直接、妻のあとをつけること」。これも違法行為にはなりません。

 

 

尾行して、ホテルに入るところまで追いかければ良いから難しくない。そう考えている人がいたら、ちょっと待った方が良いです。

 

 

想像されている以上に、尾行は難しいという現実があります。

 

相手の行動が予測しにくい

 

徒歩であとをつけるにせよ、車で尾行するにせよ難しいことに変わりはありません。

 

 

ロボットじゃないんですから、予定調和な行動をとるとは限りません。

 

 

ちょっと予定を変えてコンビニによったり、郊外までドライブに行ってからホテルに行ったり。

 

 

しかも移動中は、浮気相手は本能的に敏感になります。

 

 

知人にばれないか、という面だったり怪しい人がいないかを確認したり。

 

 

予測しにくい行動のなか、ずっとつけまわすと「後ろから変なのがいる」と感づかれます。

 

 

そうなると、巻かれてしまう恐れがあったり、旦那さんだということ自体ばれるリスクがあるのです。

 

 

また、車での追跡は危険。相手の動きを追うのに夢中になり、意識が他のことに向かなくなるおそれがあり、事故の元。

 

 

探偵の技術はすごい

 

 

探偵であれば、2人1組で行動します。

 

 

予測不能な行動でも、別の調査員が対応しつつ、2人で適度に入れ替えしながら自然に風景に溶け込みます。

 

 

探偵の調査員は、一定期間専門訓練を施された精鋭なのです。

 

 

だからこそ浮気調査は探偵と言われるほどの存在になっているのです。

 

 

誰でもできるなら、わざわざお金を払って頼んだりしませんから。

 

 

どうして探偵に依頼する?

 

尾行をするプロなのですが、お金は当然かかります。尾行依頼をする目的の大半は「慰謝料請求」のためです。

 

 

・奥さんと別れるので、慰謝料を請求するケース

・浮気相手に慰謝料を請求するケース

 

この2つがあります。

 

 

浮気が原因で離婚した場合、慰謝料を支払うことを相手側が合意すれば証拠もなにも必要ありません。

 

 

慰謝料は数百万単位になることが多いので、請求された側はたいてい「ゴネ」ます。

 

 

折り合いがつかなった場合にはじめて、裁判となります。

 

 

裁判でこちら側の要求を全面的に認めてもらうために必要なのが証拠なのです。

 

 

仮に費用がかかっても、慰謝料費用で十分に元が取れる計算になります。

 

 

もちろん、真実を明らかにしたい場合にも浮気の証拠は有効です。

 

 

離婚して請求することもできますが、離婚せずに浮気相手に慰謝料だけを要求することも可能なのです。

 

 

尾行して証拠を残す技術

 

探偵事務所で使っている機材を見たことありますか?おそらくほとんどの人が「NO」と答えるでしょう。

 

 

いろいろなタイプの隠しカメラを用意しています。ライターやペンなどに仕込んだもの、車両に設置したものまで。

 

 

相手にバレずに、かつはっきりと至近距離で言い逃れできない写真を撮ること。

 

 

これが探偵に課せられた使命なのです。

 

 

ラブホテルでの密会現場を撮ることに最も神経が注がれますが、それ以前の行動についても随時、証拠として残しておいてくれます。