浮気の証拠はどこまで認められる?ラブホの写真が撮れない場合

旦那の浮気の証拠が欲しい。でもラブホの写真を撮ることができない場合。

 

 

浮気をする夫と、これ以上結婚生活を送るのは難しい。

 

 

離婚をして、新たな出発を考えている方へ。まずは離婚を認めさせて、そして慰謝料。

 

 

慰謝料が済めば、子供がいる方なら養育費や親権。そして新しい生活の手続き・・とやることは山のよう。

 

 

とはいえ、まずは目の前に積み上げられた課題を一つ一つこなさなけばなりません。

 

 

離婚と慰謝料。この2つの要求を裁判で認めさせるには「証拠」が必要です。

 

 

 

ただこの証拠、簡単に手に入れば苦労しないと思います。

 

 

どういう力を持っていて、最低限どの程度の証拠をそろえなければならないか。

 

 

浮気の証拠について、気になることをまとめてみました。

 

 

不貞行為の証拠が必要

 

あくまで浮気の証拠が必要になるのは、「裁判」にもつれ込んだ場合。

 

 

100%必要になるというものでは、ありません。

 

 

夫との話し合いの結果、金銭的に折り合いがつかない場合にいくつかの段階を経て、家庭裁判所(地方裁判所)にもつれこみます。

 

 

実際に話し合いするまで、どっちに転ぶのかわかりませんから、裁判で勝てるように準備をするのがセオリーです。

 

 

弁護士に入れ知恵をつけられた旦那さんは、慰謝料の支払いでごねることは、ほぼ確実ですから。

 

 

裁判での証拠として重要視されるのが「不貞行為」。

 

 

性行為(肉体関係)を確認ないし、推認できる証拠になります。

 

 

ここで気を付けたいのが、浮気発覚前に「夫婦関係が既に破綻している状態」だと、認められませんので。

 

 

裏付けとなる証拠はどこまで?

 

この証拠があれば100%勝てるというものはありません。あくまで双方の弁論、状況証拠などを含めて裁判官の心象で判断しますから。

 

 

ただ一般的に言われているのが「ラブホテルでの出入りの撮影写真」があれば確実ということ。

 

 

不貞行為を立証する証拠としては「非常に強い」ものだからです。

 

 

写真でも動画でも構いません。肉体関係があることが証明できるものであれば。

 

 

もちろん、性行為の画像などは入手できませんから、ラブホテルが最も強いものであるのは間違いありません。

 

 

ここで1つ問題。「ラブホテルでの写真が撮れない場合」は?どうすれば良いのでしょうか。

 

 

ラブホでの写真を、入手し損ねた場合

 

・すでに浮気がばれていることを、夫が知っている

 

このパターンですと、ラブホテルの写真を撮ることが難しくなります。相手が警戒するからです。

 

 

開き直って、堂々と浮気している場合ですと、尻尾はつかめるのですが。

 

 

この状況で、浮気の証拠を摂ることは可能かどうか、探偵事務所に相談してみるのも良いでしょう。

 

 

彼らはプロです。もし相談して無理そうであれば、依頼しなければ良いだけの話です。

 

 

ただし「やってみないとわからない」という曖昧な言葉には注意を。

 

 

「できる」「できない」がハッキリした業者に依頼することが、大事です。

 

 

もし、浮気がばれてないと旦那さんが思っているのであれば、できるだけ早めに探偵に依頼しましょう。

 

 

そもそもラブホテルを利用してない場合

 

愛人との行為は、必ずしもラブホテルとは限りません。このケースは厄介です。

 

 

相手の女の家に出入りして逢瀬を重ねたり、車の中でカーセックスに励んでいる場合。

 

 

これらの状況ですと、状況証拠はどうなるのでしょうか?

 

 

仮に探偵に依頼しても、カーセックスの中身まで撮ることはできません。撮影するとプライバシー侵害になります。

 

 

せめて遠隔地から、車の揺れを確認できる動がを撮る。もしくは、近所のコンビニでコンドームが入った袋を投げ捨てる。

 

 

間接的な証拠を掴むことになります。ちなみに、尾行することは許可を得た探偵事務所であれば違法行為にあたりません。

 

 

これが彼氏彼女の関係であれば、身内でないので探偵に依頼してもアウトです。

 

 

異性の自宅の場合も、証拠としては弱いです。家に行って相談に乗っていた。などの言い訳が通ってしまうからです。

 

 

それでも浮気を臭わす証拠として、いくらかは有効な材料になります。

 

 

ラブホテル以外の証拠では、駄目なの?

 

 

駄目ではありませんが、若干不利になるということ。

 

 

状況証拠として、
肉体関係をほのめかすメールのやりとり、電話の通話履歴、レストランやホテルの領収書(レシート)

 

 

これらも、ないよりは良いのですが、決定的な証拠とはなりません。

 

 

それでも、いくつかの状況証拠を組み合わせて、浮気の事実を匂わせる印象を裁判官に与えることが大事です。

 

 

「できるだけ用意できる物は用意する」という方針で行きましょう。

 

 

ただし、何度も申し上げますがラブホテルの出入りの写真を撮れる可能性があるなら、探偵に相談すること。

 

 

それくらい証拠としては強いものになるんですね。

 

 

〜参考:ラブホテルの写真って、素人でも撮れるのでは?〜

 

わざわざ探偵に頼まなくても、自分で張り込んで撮影できそう・・と思っている方へ。

 

 

・夜、フラッシュをたかずに、顔がしっかり見えるように撮影する。

・入る時間だけでなく、出る時間もしっかり撮影する。

・旦那にばれないように、跡を追いかける。

 

 

一発勝負。

 

 

簡単そうに見えますが、想像以上に地味で過酷、そして技術がいる作業なのです。

 

 

自分で簡単に撮影できたら、そもそも探偵の仕事自体が不要になってしまいます・・

 

 

クリアできる!という方のみ、自分でチャレンジしてみてください。