旦那が浮気した時の慰謝料|証拠がないともらえない?

旦那さんが浮気して離婚を考えている。当然「慰謝料」をしっかりともらいたいものです。

 

 

こちらを傷つけた代償として、少しでも痛手を負わせたい。ですが・・

 

 

相手が浮気したら、慰謝料が確実にもらえると思っていませんか?

 

 

離婚してから「とりっぱぐれた」なんてことは笑えませんよね。そのためにも事前にしっかり打つ手は打っておきたいものです。

 

 

ではどうすればよいのか?詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

慰謝料がもらえない場合

 

そもそも慰謝料とは、浮気により受けた精神的苦痛に対する代償のこと。

 

 

離婚したあとの生活保障という意味ではありません。

 

 

浮気の事実があっても、それ以前に夫婦関係が破たんしていた場合は慰謝料がもらえません。

 

 

すでに別居状態であった場合、同居していてもほとんどコミュニケーションがない場合が該当します。

 

 

浮気の証拠がないと、慰謝料は無理?

 

浮気しているのは間違いないけれど、決定的な証拠を抑えていない方も多いかもしれません。

 

 

ただ証拠が必要なのは「裁判」になった場合です。

 

 

旦那さんがすでに浮気を認めていて、慰謝料を払うと言った場合はそこで成立します。

 

 

いわゆる「協議離婚=話し合いでの離婚」の場合です。

 

 

夫婦間で離婚の条件はどうするか話し合うのがこの方法です。

 

 

親権はどうするのか、慰謝料はどのくらいにするのかを取り決めます。

 

 

最終的に夫婦間で合意すれば,公正証書を作成,離婚届を提出するという流れです。円満離婚とも言えます。

 

 

ここで慰謝料の条件が折り合わなかった場合に、次の段階になります。

 

 

調停離婚といい、家庭裁判所に申し立てて、調停委員という人を仲介して話し合いをします。

 

 

そこで決まらない場合にはじめて「裁判離婚」をするのです。

 

 

「裁判離婚」をするときにはじめて、慰謝料をもらうために「証拠」が必要になるのです。

 

 

裁判までに話し合いがつくのであれば、証拠がなくても大丈夫です。

 

それでも準備は必要

 

証拠がなくても大丈夫なんだ、と少し安心した方も多いかもしれません。

 

 

ですがそうも甘くないのです・・多くの場合は、慰謝料の件で折り合いがつかずに裁判にもつれこみます。

 

 

旦那さんの立場からしたら、できるだけ払う額は少なくしたい。自分が悪いことをしたのだから、要求はすべて飲めばいいのにと思うのですが。

 

 

そこはシビアになってしまうのですね。

 

 

裁判に必要な証拠を集めておくべきです。

 

 

まだ浮気の事実を旦那さんにつきつけていない場合は、問い詰めずに証拠を集めることに徹しましょう。

 

 

もし、すでに話をしている場合は証拠をこれから見つけるのは難しいです。

 

 

証拠を集める場合は、探偵事務所で確実に裁判で有効となるものを抑えてもらう。これが鉄則です。

 

 

数万円から数十万とお金はかかりますが、慰謝料でそれ以上の金額をとることができればマイナスにはなりません。

 

 

証拠を見つけられない場合は、弁護士に相談しましょう。裁判は裁判官の心象で決まることです。

 

 

浮気に強い弁護士さんにお願いすれば、証拠なしでもこちらに有利なように進めてくれます。

 

 

いずれにしても、その時の状況によって力を入れるべきところは違います。

 

 

探偵事務所か弁護士か。しっかり相談して、慰謝料を確実にとれるように手はずを整えておきましょう。

 

 

証拠にはどんなものがある?

 

裁判のための証拠は、これがあれば100%大丈夫というものはありません。

 

 

最終的には、証拠やお互いの証言などから裁判官が総合的に判断するからです。「少しでも有利になるように」する努力が必要です。

 

 

証拠として高い効果があるものを「証拠能力」といいます。

 

 

最も強いものは「ホテルの出入り写真(動画)」になります。

 

 

素人ではなかなか撮影するのが難しい(証拠として通用する形で保管するのが難しい)ため、探偵事務所に頼むのです。

 

 

一発勝負というところもありますから。

 

 

奥さんが集められるものとしては、メールの通話履歴(裁判では紙ベースになりますので、写真撮影してプリントアウトしたもの)やレストランやホテルの領収書・レシートなどを集めておくとよいでしょう。

 

 

ただしこれらは証拠能力が弱いので、できればホテルの写真を用意していきたいところです。

 

 

慰謝料に関するいろいろな疑問

 

ほかにも、慰謝料についての気になる疑問についてまとめてみました。

 

 

浮気した時の慰謝料の相場は?

 

平均的なサラリーマンの場合は、100〜200万円が相場になります。もちろん高収入の場合は、より多くの額が見込めるかもしれませんが。

 

 

相場は決まっていますので、交渉の際も極端にこのラインから外さないようにすべきです。問題が長引くだけです。

 

 

ちなみに旦那さんの浮気相手にも慰謝料の請求はできます。この場合は50〜100万円くらいともいわれています。

 

 

旦那さんとは離婚しないが、浮気相手の復讐・制裁のために慰謝料のみ請求するというケースも多いのです。

 

 

旦那さんと浮気相手の両方に請求することもできます。ただほとんどの場合は、合算してとれるわけではありません。

 

 

どちらかの側で支払うことが決まれば、それ以上は負担がないという結論になります。

 

 

子供がいる場合は慰謝料が増える?

 

それはありません。慰謝料はあくまで、生活のためではなく「精神的ショックに対するお金」ですから。

 

 

子供に関連するのは「養育費」としてもらう金額です。

 

 

相手の女に請求できる?

 

旦那ではなく、浮気相手の女が憎い場合。慰謝料は請求できるのでしょうか。

 

 

結論から言いますと、できます。

 

 

相手の収入なども影響してきますが、おおむね100万〜200万くらいです。

 

 

ちなみに旦那さんの場合ですと300万前後くらいです。ただしあくまで目安。

 

 

請求方法ですが、まず相手の住所氏名がわかっていることが前提です。

 

 

書面の内容証明郵便にて、慰謝料の請求を相手に提示します。

 

 

この場合は、弁護士を代理人にたてて交渉してもらいます。

 

 

自分一人でも、書き方のひな型がありますので作って遅れます。

 

 

ただし、弁護士に一筆入れてもらう方が影響力が強いのは言うまでもなく。

 

 

〜内容証明郵便とは?〜
郵便局が文書のコピーを持ち、重要な通知をしたという保証をしてくれるものです。

 

 

内容は、到着後○日以内に振り込まれなければ法的手段もあり得る」という宣告をします。

 

 

これ自体に法的拘束力はありません。無視されたらそのままでも罰則はありません。

 

 

こちら側が、裁判を起こすことになります。簡易裁判所か地方裁判所での争いです。この際に「浮気をした証拠」がないと、不利になりますので注意を。

 

 

探偵事務所を利用する目的は、

・浮気相手の住所氏名を調べてもらう

・慰謝料裁判で戦えるように、浮気の証拠を残してもらう

ためです。