浮気の証拠集め|慰謝料を取るには何が必要なの?

旦那が浮気しているとき、慰謝料をきっちりとって別れたい。もしくは浮気相手に慰謝料を払わせたい。そういう場合にカギになるのが「証拠」です。

 

 

「浮気をしている証拠があった⇒それにより、精神的苦痛を背負わされた⇒慰謝料が認められる」という流れなのです。

 

 

「証拠さえあれば、慰謝料が認められる?」

「何をどれだけ集めれば、慰謝料はもらえる?」

こうした疑問をお持ちではありませんか?

 

 

なんとなく証拠を集めて、慰謝料がとれればいいなと考えていては危険です。こちらの動き方一つで、取れるものも取れなくなってしまいますよ。しっかりポイントを抑えておきましょうね。これ以上、旦那と愛人をのさばらせておきたくないのであれば。

 

 

証拠さえあれば、慰謝料が認められる?

 

裁判で争う場合は「民事裁判」になります。刑事裁判は国と個人で争うのに対し、民事は一個人と一個人の争いです。両者の言い分を元に、「どちらが真実"らしい"のか」を判断するのが裁判官です。

 

 

裁判官が判断するときは「当事者の主張があって、それを裏付ける証拠がしっかりしているか」によって決まります。証拠で決定、という機械的なものではないのですね。証拠があれば勝ち、ではありません。多くの人が勘違いしやすいポイントなのですが。

 

 

証拠があれば裁判で必ず勝てるというものではありません。ただし、証拠の「強さ」「弱さ」が勝敗を左右します。

 

 

証拠には強さと弱さがある

 

「メールのやりとりでは証拠にならない」「ラブホテルでの出入り写真さえあれば良い」という方がいます。これは極端すぎで、正しいとは言えません。

 

 

すでにお話したように、証拠にはそれだけで決まる物ではありません。ラブホなど、強い証拠があるのは望ましいですが、他にも証拠がある方が「裏付け」を強く取れ、裁判官の判断もこちら側に傾きやすくなります。

 

[裏付けとなる証拠とその強さ一覧]

証拠品 証拠の強さ
メール・LINEでのやりとり 弱い
電話の通話履歴 弱い
レストランやホテル・コンビニのレシート 弱い
ホテルの出入り写真・動画(双方の顔がわかる) 強い

 

できるだけ証拠として強い物を持つ、たとえ弱い物でもできるだけ揃える。それにより、証拠としての強さが発揮されます。あとは弁護士によって、主張と証拠との関連をスムーズに説明できるよう指示を受けます。

 

 

証拠の中身にも注意

 

上で紹介した証拠ですが、具体的に「どういう内容のものを・どう保管すれば良いのか」について。

 

 

[浮気の証拠となる携帯メール・ライン]

 

実際に会うことをほのめかした内容のものを、1通1通写真に収めます。この時に日付がしっかり写るようにしてください。撮影手段は奥さんのスマホでもいいですし、後の保管を考えるとデジカメの方が良いかもしれません。下手にメールを自分に転送したりせず、その画面ごと写真に残しておきましょう。

 

 

LINEだと楽ですよね。日付もありますし、トーク履歴で流れが一目でわかりますので。日付と時間を書いた文字が小さいので、文字がつぶれないようにうまく寄って撮影して下さい。

 

 

[ラブホテルの出入り写真]

 

注意したいのが、入ったことがわかるだけでは"弱い"です。つまり入っただけの写真、出ただけの写真。どちらか一方では証拠として弱いのです。「入って何もなかった。すぐに出た」という、なんともアホらしい言い訳が通ることがあるんですね。

 

 

ホテルに入ったときの日時がわかるもの。出たときの日時がわかるもの。この時に入った時間と出た時間の差分で、肉体関係があったことが想定できる時間であれば良いのです。2人の顔が写っているのは当然です。

 

 

こうした写真は、素人ではなかなか難しいです。少々高くつきますが、探偵事務所に頼むのが一般的です。出費があっても、後で慰謝料で支払えば良いので。尾行するのが大変ですし、一発勝負でしっかり証拠を抑えた写真を撮るのは難しいです。

 

 

[その他]

 

証拠を見つけたら、基本は写真に収めて下さい。実際に法廷で出すときは紙ベースになりますので、いつでもプリントアウトできるようにデジカメに収めておくのが良いでしょう。ただし、くれぐれも物色していることがばれないように。浮気のさらなる証拠を、警戒して隠す可能性がありますので。

 

 

浮気の証拠がない場合は?

 

証拠を集めたいけど、旦那がスキをみせない。もしくは、すでに旦那側に浮気のことを打ち明けている。こういう場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

 

正直、慰謝料をもらうのは不利であることに変わりありません。ですがまだ方法はあります。「弁護士」です。

 

 

ここで冒頭で申し上げたことをもう一度。

裁判官が判断するときは「当事者の主張があって、それを裏付ける証拠がしっかりしているか」によって決まります。

 

 

いかがでしょうか。証拠がないとダメというわけではないのです。当事者の主張の部分に重きを置く、という選択肢があります。もちろん証拠がしっかりしている方が有利なのは間違いありません。その辺の不利な条件でも戦える、「浮気に強い弁護士」に相談してみるのも一つなのです。

 

浮気の証拠|慰謝料を取るには何が必要なの?記事一覧

旦那が浮気している可能性が高い。限りなくクロに近いけれど、確たる証拠がないと、悩ましいところではあります。次の一手を、どう打てば良いのかわからない・・というジレンマ。怒りが抑えきれずに、つい感情をぶちまけてしまいたくなる。でも証拠がない段階で問い詰めても、開き直られる心配もある。現場を直接見たわけでもない。夫のことをどこかで信じたい気持ちもある。日々、揺れ動く気持ちの中で不安定になる日々。「証拠が...

夫が浮気している場合、どうやって証拠を見つけたらいいのでしょうか。慎重な旦那さんほど、証拠隠滅は完ぺきに行うものです。ただ泣き寝入りだけは、絶対にしたくないもの。離婚もしくは慰謝料を考えているのなら、裁判で認めてもらうための証拠を意識しましょう。浮気の時の証拠の見つけ方、見つけた後の展開について詳しく紹介したいと思います。浮気の証拠には2つのタイプがある証拠といっても、やみくもに集めれば良いという...

旦那さんが浮気して離婚を考えている。当然「慰謝料」をしっかりともらいたいものです。こちらを傷つけた代償として、少しでも痛手を負わせたい。ですが・・相手が浮気したら、慰謝料が確実にもらえると思っていませんか?離婚してから「とりっぱぐれた」なんてことは笑えませんよね。そのためにも事前にしっかり打つ手は打っておきたいものです。ではどうすればよいのか?詳しく紹介していきたいと思います。慰謝料がもらえない場...

旦那の浮気の証拠が欲しい。でもラブホの写真を撮ることができない場合。浮気をする夫と、これ以上結婚生活を送るのは難しい。離婚をして、新たな出発を考えている方へ。まずは離婚を認めさせて、そして慰謝料。慰謝料が済めば、子供がいる方なら養育費や親権。そして新しい生活の手続き・・とやることは山のよう。とはいえ、まずは目の前に積み上げられた課題を一つ一つこなさなけばなりません。離婚と慰謝料。この2つの要求を裁...

奥さんが浮気をしていることが明らかで、確証となる証拠を得たい。まず、浮気していることは間違いない。ただし、物的証拠がない場合。旦那さんとしては判断に困るところですよね。問い詰められるかどうか。もしくは、すでに離婚から慰謝料までを想定されているかもしれません。浮気証拠について、気になる疑問についてお答えしていきたいと思います。確証を得る証拠はどんなもの?正面を切って、浮気しているのか?と切り出すのも...

妻が浮気をしていて、なんとか真実をつきとめたいと考えている方。探偵に尾行をお願いするのは高くつくから、自分でなんとか尾行したい。現行犯でとらえて、妻にカツをいれて一発で解決してきたい気持ちもわかります。果たして、尾行することは可能なのでしょうか。また、どういうデメリットがあるのか。尾行を考えている方は、参考にしてみてください。GPSを付けるのはダメ尾行するのに、最も一般的な道具はGPSになります。...