詐欺被害に遭わずに、浮気調査を安心して頼める探偵事務所は?

浮気の調査を探偵事務所に依頼したい。でもだまされないか心配・・

 

 

パートナーに浮気されて、精神的ダメージを追っている。追い打ちをかけるように探偵にも騙されると目も当てられません。

 

 

悪質な探偵事務所は、そうした心の動揺に付け込むこともあります。気を付けなければなりません。

 

 

きちんと調べてくれて、お金の面でも騙されることがないようにしたいもの。

 

 

探偵事務所の悪質な手口と、探偵事務所選びのポイントを紹介します。

 

 

1.悪徳探偵事務所は存在する

 

一般の人からみたら、グレーな世界であることに間違いはありません。

 

 

イメージ通りと言ってはなんですが、悪徳なところも存在します。

 

 

調査も適当、追加料金でお金をとれるだけとる。悪事がばれそうになったら雲隠れ。

 

 

個人でやっているところは、マンションの一室を借りて運営しているところもあります。

 

 

「すぐに他に移れるようにしておく」ためです。

 

 

大手だから良いワケではありませんが、個人 or 小規模で探偵業を行っている所には注意が必要。

 

 

2.具体的な手口は

 

具体的には、どういう詐欺まがいのことをするのでしょうか。大きく分けて2パターンあります。

 

 

相手側を買収する

 

普通は旦那さんの情報を入手したら、ばれないように尾行します。

 

 

尾行ではなく、「直接旦那さんと交渉する」のです。

 

 

「実は、あなたの奥さんから浮気調査の依頼を受けています」「ばれたくなければ示談交渉しませんか」

 

 

探偵は旦那さんに、高額の「口止め料」を請求します。

 

 

口止め料が支払われると、探偵は奥さんに「浮気の事実はありませんでした」とねつ造します。

 

 

真相がねじ曲げられて、旦那さんと別れることも責めることもできなくなることに。

 

 

探偵は奥さんから「調査費用」と、旦那さんから「口止め料」をダブルでもらい丸儲け。

 

 

こんな"あくどいこと"を平気で行う業者がいるのです。巧妙でばれにくいのも厄介なところです。

 

 

水増し費用を請求する

 

調査して最終的に料金を支払う段階で、費用を水増しして請求するケース。

 

 

「追加費用はかかりません」とうたっておきながら、「機材費・待機費・調査報告書代」などの名称で料金を水増しする。

 

 

ひどいところになると、突然恫喝するような態度に出る業者もいます。依頼者側は半ば脅されるようにして、料金を払うのです。

 

 

こういう人たちに「契約と違う」「聞いていない」という理屈は通用しません。当たってしまったら最後です。

 

 

だまされたくありませんよね。だからこそ、勢いで決めず冷静に判断したいところ。

 

 

しっかりした探偵社選びのポイント

 

きちんと調査してくれて、料金も明瞭な探偵事務所はどこを選べば良いのか。ポイントは3つあります。

 

 

ホームページにだまされない

 

見栄えがよい、クリーンなイメージを感じる。規模が大きそう。

 

 

探偵選びの際に、いくつかの業者のホームページをご覧になった方も多いと思います。

 

 

ホームページだけで判断するのは、とても危険。

 

 

見栄えの良いものは、制作業者に依頼すれば10万程度でできてしまいます。

 

 

実際はマンションの一室でやっているのに、オペレーターがたくさんいるイメージ写真を使って装うことができます。

 

 

満足度○○%など、評価があいまいな数字を出して"良さげ"にみせようとします。

 

 

なんとでもごまかせるのがホームページなんです。探偵事務所の審査なんかしませんし。

 

 

探偵業の届け出をしているか

 

基本中の基本ですが、悪質業者は届け出さえもしていません。一つのチェックポイントになるでしょう。

 

 

届け出をした証拠として、「探偵業届出証明書」 が事務所の見える場所に掲示してあるかどうかをチェックします。

 

 

ホームページでも、証明書に書いてある「探偵業認定番号」が記載されていることがあります。その番号が確認できるだけでも良いのです。

 

 

実際の対応はどうか

 

メールや電話、訪問で直接コンタクトをとったときの「感触」も大事です。

 

 

雑な対応をしないか、急いで訪問してほしいなど契約をせかせることはないか。

 

 

こちらが聞きたいことに親身になって対応してくれるか。悪質なところであるばあい、ふとしたところで「素」が出るのです。

 

 

実勢に相談員に会いに行く際も、喫茶店ではなく事務所を訪問しましょう。マンションの一室のような所では怪しいです。

 

 

 

業界団体に加盟しているかどうか

 

必須ではありませんが、加盟している方が信頼度は高まります。

 

 

グレーなイメージのする探偵業界を良くするために、いくつかの団体が作られています。

 

 

日本調査業協会が、代表的な団体になります。一定の審査をクリアした探偵事務所しか加盟できませんから、信用のバロメータにはなるのです。

 

 

加盟している=調査力がある というわけではありません。加盟していることで変な業者である可能性は、きわめて低いのです。

 

 

業界団体に加盟するメリットは、ほかにもあります。

 

 

万が一、騙されるようなことがあった場合、加盟団体が料金の取り戻しを協力してくれます。さらに新しい業者を紹介してくれるのです。

 

 

万が一の保証がつくようなものです。安心して依頼できるのではないでしょうか。

 

 

泣き寝入りをしないために

 

浮気の証拠をつかみ、早くこの苦しさから解放されたい。お気持ちはよくわかります。

 

 

ただ業者選びは慎重にした方が良いです。どこでもやっている内容は大差がありません。

 

 

差があるのは「真面目に、良心的に対応してくれるか」。証拠を掴んで一日も早い再スタートがきれますように。