【浮気】探偵事務所でかかる費用|料金体系と相場をチェック

浮気調査を探偵に依頼するにあたって、「価格」が一番気になるポイントではないでしょうか。

 

 

料金をホームページ上で、オープンにしている探偵業者が増えています。

 

 

とはいえ、実際のところどうなの?という問題。

 

 

一般の人からすると探偵業界は「グレー」な部分に見えるかもしれません。

 

 

「どのくらいの相場なの?」

「どのようにして支払う?」

「高額な料金を請求されるリスクは?」

など、気になる疑問について、おこたえしていきたいと思います。

 

 

まずは料金体系を知る

 

いくらになるのかを知る前に、まずは料金体系がどうなっているかを明らかにします。

 

 

大きく分けて、料金プランは3つのパターンに分かれます。

 

 

@時間料金型

 

最も多いのがこのパターン。その名のとおり、時間単位で発生料金が決まります。

 

 

1時間1名の調査員に対し、○○円。原則、浮気の証拠を入手するまでにかかった時間が加わることに。

 

 

あらかじめ浮気相手の行動パターンがつかめていれば、金額を抑えられるのがメリットです。

 

 

ただし、気をつけたいのが「追加料金」。

 

 

ホームページで「コミコミ」とうたっていても"それ以外"の費用を請求されることも。

 

 

「現場を押さえるために、調査員を増員した」

「対象者が予想外の移動をしたので、緊急車両を一台追加した」

疑いだしたらキリがないですが、「本当なの?」と疑いたくなるような理由。

 

 

調査料金は全て込みと書かれていても、機材代や報告書作成代などの代金のみ含まれることも。

 

 

一部の業者に限りますが、何かと都合の良いように解釈して利益をむさぼる所があるのも事実なのです。

 

 

Aパック料金型

 

時間単位ではなく、ある程度まとまった日数分まとめて契約する方法です。

 

 

探偵業者にもよりますが、「3日間パック」「1週間パック」などの名称が一般的です。

 

 

調査期間が長くなるので、総額は増えますがその分割引しましょう、というもの。

 

 

時間換算すると安くなりますが、支払う総額は高くなります。当然ですね。

 

 

パートナーの行動を特定できていない場合、調査が難航しそうな場合はこちらのプランが有利です。

 

 

パック制ですので、仮に予定より短い時間で終わったとしても、差額の返金には原則応じません。

 

 

B成功報酬型

 

名前のとおり、「成功」した場合にのみ、依頼者が支払って良いという制度です。

 

 

依頼する側にとって「オイシイ」匂いがしますが、実はこのプランが一番トラブルが多いようで。

 

 

「成功」=浮気現場の写真入手 ではなく、浮気していることが明らかになった時点で成功。

 

 

一般的に依頼者が思う「成功」と、探偵事務所がみなす「成功」は違うことがあります。

 

 

よく考えたらずるいですよね。

 

 

探偵事務所は注意しないと、何かと「自社の都合いいように解釈」しますので。

 

 

もう1点、気をつけたいのが「着手金」の存在。成功報酬だからはじめからずっとゼロ円というわけではありません。

 

 

着手金として、成功報酬の20〜30%を前払いすることが必須のところも多いです。

 

 

弁護士費用では一般的なものですが。元手なしで、とりあえず依頼できるものとは違います。

 

 

料金相場がある

 

「1時間3000円」「おためし1日調査無料」などと、価格の安さをウリにする探偵業者はたくさんあります。

 

 

すべてが悪質業者とはいいません。ですがこうした業者の中に「悪質」がひそんでいる可能性が高いのです。

 

 

アタリを引くかどうか、"運次第"なんてことになりたくはないもの。

 

 

優良探偵事務所の間では、「暗黙の相場」があります。

 

 

調査員2名1時間で、12000円〜20000円の範囲が業界の相場です。

 

 

「調査員1人で希望すれば、もっと安くなるの?」と思うかもしれませんが辞めた方がいいです。

 

 

希望すればできるかもしれません。ですが尾行は2名1組で行うのが基本だからです。

 

 

無理に人件費を稼いでるわけではありません。

 

実際にどういう調査を行っているか、知りたい方↓

⇒探偵事務所による浮気の調査方法

 

 

・依頼者を見失わないようにするため

・依頼者に怪しまれないようにするため、追跡する人を入れ替える

など、確実に証拠を抑える為には2名以上が望ましいのです。

 

 

どこの探偵事務所でも、基準は同じです。1名で調査するようなところは、調査力に疑問が残ります。

 

 

もちろんそれで解決すれば安上がりなのですが・・

 

 

総額でいくらくらいかかる?

 

「時間単位で料金を出すことは良くあるけど、総額は大体いくらになるの?」

 

 

自分のケースだと、ざっくりいくらくらいかかるのか。一番知りたいところですよね。

 

 

おそらくその質問では、探偵事務所は「とりあえずウチに来てくれれば、見積もりを出す」とかわされるでしょう。

 

 

本当に顧客になってくれそうな人にしか、正確な数字は出しません。同業他社のけん制の意味もあります。

 

 

概算を出してみた

 

平均的な浮気の調査日数、調査時間から割り出した「目安」を紹介します。

 

 

平均調査日数は3〜4日。1日あたりの平均稼働時間は4時間程度。

 

 

3日間でおよそ20〜30万円の出費を、覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

 

もちろん、調査が予定より「早く」「遅く」なることはあります。なのでその辺は難しいところです。

 

 

早くなる場合は、最低5万くらいで収まることもあります。長くなると50〜60万になる可能性も。

 

 

早くなるか遅くなるかは、いかに事前情報をこちら側が持っているかどうかです。

 

 

相手に怪しまれない範囲で、いつ・どこで密会しているか。を抑えておけば調査時間は短縮できます。