探偵事務所の浮気調査の手続き|利用するまでの流れがわかる

探偵事務所で浮気の調査を依頼するにあたって、どのような流れになるのか?

 

 

離婚したい。やり直したい。慰謝料をとりたい。

 

 

人によって、求める物はいろいろあると思います。

 

 

いずれにしても、探偵に浮気の決定的証拠をつかまえてもらうことが大事。

 

 

実際に利用するにあたって、どのような流れになっているのでしょうか。

 

 

これから業者にお願いしよう、と考えている方は一度ご覧になっておくと良いかもしれません。

 

 

調査の手続き

 

どのように探偵事務所に依頼して、どうすれば浮気の証拠がもらえるのか。

 

 

一連の流れについてまとめてみました。

 

 

契約するまで

 

抑えておきたいポイント

 

まず前提として、利用する探偵事務所の候補を絞ります。

 

 

多くの方が、はじめの段階で1社に絞る傾向にありますが、望ましくはありません。

 

 

基本は複数の会社に見積もりを出させて、比較するのが良いです。1社だけですと、適正な値段なのかがわかりません。

 

 

また、本命の探偵事務所があった場合、ライバルの見積もりを見せて安くさせるという交渉もできます。

 

 

流れ

 

○無料でメール もしくは 電話による相談
 ↓
○見積もりを提示してもらう
 ↓
○1社に絞り込む
 ↓
○内容を確認し、良ければ後日契約する

 

 

契約にあたって

 

抑えておきたいポイント

 

契約の際に、しっかりした業者であれば「探偵業法の手続き」に沿った説明がされます。

 

 

逆にこの辺が曖昧にされると、後日のトラブルにもなりますので注意が必要です。

 

 

「重要事項の説明・利用目的の明示」がされるかどうか。

 

 

探偵業者が守るべき内容を定めた法律(探偵業法)に定められています。

 

 

重要事項説明書とは

 

・契約解除に関する条件

 

・正確な調査料金

 

・依頼者の目的の確認

 

この3点を、探偵事務所が出す書面を見ながら確認していくことになります。

 

 

堅苦しさを感じるかもしれませんが、きちんと行わない業者は信用できません。

 

 

料金の支払い

 

基本は後払いになりますが、成功報酬型だと、着手金として30%の代金を依頼時に払うこともあります。

 

 

追加料金がある場合は、どのような条件の場合か。それ以外にお金が発生することはないか。念を押して確認しましょう。

 

 

依頼するときに注意したい点

 

「こちら側の要望」をハッキリさせておく

 

「何のために依頼するのか」「浮気の証拠が出てきたら、どうするのか」を整理しておきましょう。

 

 

浮気に関して調べていると、探偵事務所で依頼するのが当たり前みたいな空気だから依頼した。というのでは良くありません。

 

 

1.離婚するときに向こうが同意しない場合のために、証拠が必要なのか

 

2.離婚するかしないかはさておき、浮気相手に慰謝料を請求したいのか

 

3.相手に浮気の事実を認めさせて、分かれさせたいのか

 

 

をハッキリさせておくことが大事です。それによって、探偵の方もどこまで調査するかがハッキリします。

 

 

1の場合であればラブホテルでの出入りの写真が必須。2はさらに、浮気相手の住所も調べてもらう必要があります。

 

 

3の場合は、ラブホテルの張り込みまでさせなくても、浮気の事実があった時点で辞めさせます。(費用を抑えられます)

 

 

自分がどうしたいのかをあらかじめハッキリさせると共に、探偵事務所に主張すべき事が明らかになります。

 

 

知っている限りの情報を提示する

 

浮気調査は、すべて相手にお任せにするのは良くありません。調査費用が高くなるからです。

 

 

高額にならないためにも、こちら側が知っている限りの情報を探偵事務所に伝えることが必要です。

 

 

パートナーの基本情報以外にも、行動の癖や最近の言動などについて、どんな些細なことでも伝えた方が良いです。

 

 

ご本人にとっては些細なことでも、長年の経験を積んだ調査員にとっては「有益な」ヒントになることもあるのです。

 

 

決して「こんな情報なんて役に立たないだろう」なんて決めつけをせずに、あらいざらい話をしましょう。

 

 

ただし、情報を無理に聞こうとするのはNG。「浮気を疑われている」と感づかれたら厳しいです。

 

 

警戒心が強くなりますので、結果として調査が長引くことになりかねません。

 

 

さじ加減が難しいかもしれませんが、あまり出過ぎず、表面化したものだけを細かく伝えるようにすれば良いでしょう。

 

 

あとは熟練の探偵が、真相を明らかにしてくれるハズです。

 

 

実際に利用してしまえば、あとは何とかなるというのも事実。

 

 

一歩を踏み出すのは勇気がいるかもしれませんが、どうか臆せず、探偵事務所の一歩を踏み出してみましょう。

 

 

時間が解決してくれる問題ではありませんので・・苦しい思いから少しでも解放されますように。