夫の浮気調査は弁護士に頼むより、探偵が良い理由

夫の浮気を調査してもらいたい。弁護士の先生だと安心だからお願いしたいと思っている。

 

 

はたして浮気調査は弁護士で出来るものなんでしょうか?たしかに探偵に比べると信頼できる存在なのは間違いありません。

 

 

いずれは離婚や慰謝料問題に発展することも多いので、はじめから弁護士に相談すれば良いと思うかもしれません。

 

 

実際のところ、浮気調査に弁護士はどこまでタッチできるのか。曖昧になっている方はご覧になってみてください。

 

 

弁護士の本来の役割

 

弁護士の先生は当然、法律の専門家になります。法で争う際には、必ず味方につけておかなければ争いに勝つことができません。

 

 

浮気という問題の中で活躍するのは、あくまで「裁判」の時にのみ。それ以前の段階では、弁護士の管轄外になります。

 

 

もちろん、浮気が発覚した後に、どういう法的手続きをとれば良いのかの相談には乗ってもらえます。法テラスなどにいけば安く相談できますし。

 

 

ですが実際の「調査」段階では、弁護士に依頼しても直接動いてはくれません。当然かもしれませんね。

 

 

浮気調査なら探偵事務所に依頼

 

浮気の証拠集め、調査については「探偵事務所」に依頼するのが一般的な流れになります。

 

 

興信所という選択肢もありますが、興信所よりも探偵事務所が良いです。その理由は別のページにて紹介しています。

 

 

探偵に依頼するのは「裁判で使える浮気の証拠」を集めてもらうためです。その証拠を基に、弁護士が弁護を行い争いの場に立ってくれるのです。

 

 

探偵と依頼者、そして弁護士という3者が協力し合って、離婚なり慰謝料を手にすべく戦うのです。

 

 

探偵事務所って実態が見えにくいし、怖い・怪しいイメージがあるのは否定できません。ですがここを上手く活用しなければ、浮気後に望む物を手にするのは難しいと言えるでしょう。

 

 

浮気調査から離婚裁判までの流れ

 

では浮気の調査から、裁判までがどのように流れていくのかを見ていくことにしましょう。

 

 

不貞の証拠を入手する

 

探偵事務所に依頼して「不貞行為があった」(=肉体関係)ことを証明する証拠を入手してもらいます。

 

 

旦那さんと愛人の、ラブホテルでの出入り写真を抑えることが「最も強い証拠」になります。素人が証拠として立証できるクオリティで撮影するのは難しいのです。

 

 

証拠が整ったら、旦那さん側に浮気の事実と離婚の話を持って行きます。

 

 

協議離婚

 

よくある勘違いとして、慰謝料請求や離婚請求は、すぐに裁判を起こさなければならない。そうではありません。

 

 

まずは協議離婚といい、双方の話し合いを通じて、解決をはかるのが一般的です。この際に相手が浮気を認め、慰謝料の折り合いがつけばそこで終了するのです。

 

 

現実には旦那さん側も弁護士に相談しているはずですし、自分に不利になるようには認めません。話し合いで円満に離婚・慰謝料が決まるケースはマレでしょう。

 

 

調停離婚

 

夫婦2人だけの話し合い、協議離婚で解決しない場合。次に待ち受けるのが調停離婚。

 

 

家庭裁判所に出向き、調停委員という第三者を挟んで、お互いの意見を主張する形になります。

 

 

この段階ではお互いに顔を合わせることはありません。ただ協議離婚の段階で一度こじれてしまうと、調停離婚でも平行線のパターンがほとんど。

 

 

最終的には離婚裁判、わたしたちが裁判といってイメージするものになるのです。

 

 

離婚裁判で、弁護士の登場

 

ようやくここの段階で、弁護士が出てきます。夫が離婚を認めないケース、慰謝料を認めないケース。大きくわけるとこの2つになります。

 

 

いずれにしても「証拠」がなければ、奥さん側の主張は認められず、負ける可能性が高くなります。

 

 

ここで「探偵事務所」に依頼して入手した「不貞の証拠」が効いてくるのです。特に精神的苦痛を受けたことによる慰謝料の交渉に、威力を発揮します。

 

 

ラブホテルでの出入りが動かぬ証拠として裁判官の心証を大きく左右します。

 

 

ですがこれで確定ではなく、それまでに入手した資料も含めて、「妥当かどうか」を判断するのです。そこには弁護士の主張も含まれます。

 

 

慰謝料には相場がありますが、見込んだ額で慰謝料をもらうためには「強い証拠」「その他の証拠」「弁護士の腕」の3つがあれば鬼に金棒です。

 

 

いかがでしょうか。弁護士と探偵事務所のスタンスが理解できましたでしょうか。

 

 

証拠が不十分でも、方法はある

 

探偵事務所がこれだけ世の中にあるのも、7割8割が浮気調査。慰謝料でまかなえるので、調査をする人が常に絶えない世界なのです。

 

 

浮気が発覚したら、まずは探偵で証拠集め。ただし、すでに旦那側に浮気の事実を突きつけている場合もあるかもしれません。

 

 

本来は旦那を問い詰めたい気持ちを押し殺しつつ、証拠をつかんでいかなければならないもの。ですが終わったことは仕方がありません。

 

 

ラブホテルでの出入りの決定的証拠は、難しいでしょう。その場合は探偵に無理に頼まずに、自分で携帯の履歴やレシート類などの証拠を撮影しておき、「弱い証拠でもちりもつもれば」作戦で行くしかありません。

 

 

裁判に勝つかどうかは、証拠の数で決まるわけではありません。あくまで裁判官の心証なのです。証拠が弱い場合は、腕のよい弁護士さんに頼んで相手を尋問することで、起死回生を狙うこともできます。

 

 

その辺は弁護士の腕の見せ所かもしれません。事前に状況を説明し、証拠不十分でも勝てるかどうかの相談をすることは不可欠です。

 

 

最終的に望むものは離婚か慰謝料か。いずれにしても、自分の権利を主張するために探偵に力を入れるか、弁護士に力を入れるか。さじ加減が変わってくるわけです。