【浮気調査】興信所と探偵事務所なら、どっちが良い?

浮気の調査を依頼するのに、興信所と探偵事務所がありますよね。果たしてどちらに頼むのが良いのでしょうか。

 

 

わたしたちの生活では、なじみがない世界。浮気の証拠をつかむためには、プロである彼らにお願いするのが良いといわれているのですが。

 

 

興信所も探偵も、不透明でよくわからない。どちらかというとブラックなイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。実態が見えないですし、ネットで調べても今一つよくわからない存在かもしれません。

 

 

「結果が出ればどちらでもよい」と考える方もいるかもしれませんが・・

 

 

実際に浮気調査は「興信所」でも「探偵事務所」でも受け付けています。なかには「総合探偵事務所」なるものもあり、ややこしいですよね。両社の違いはどこにあるのか、またどちらを選ぶのが良いのか紹介したいと思います。

 

 

興信所と探偵事務所の違い

 

両社の違いですが、会社を主に相手にしているのか。個人を相手にしているのか。大きく分けるとターゲットが異なります。

 

 

興信所の場合は主に「法人」が対象です。有名どころで言いますと「帝国データバンク」なんかがあります。会社勤めをしていれば、たいていの方は耳にしたことがあると思います。

 

 

主に企業の信用調査・与信調査を行うのが興信所です。特定の会社の情報を入手したい、あの会社と新しく取引したい。その場合に、依頼企業に代わって調査を行います。

 

 

直接会社の経営者に聞き込み調査を行ったり、面談をして情報を集めるのです。こっそり行わずに、堂々と相手の情報を入手する。それが興信所です。

 

 

探偵事務所は、みなさんがイメージしているものに近いです。電柱の陰に隠れながら、依頼者を追う・・尾行や張り込みを中心に行います。企業の調査と違い「見つかっては駄目」な調査です。

 

 

両者の区別はほとんどない

 

一昔前までは、両者はハッキリ役割が分かれていました。最近ではその垣根がなくなっています。興信所といっても、浮気専門の調査を行ったりします。その逆はあまりないかもしれませんが。

 

 

浮気調査という目的であれば、興信所でも探偵事務所でもやっていることは同じです。「総合探偵社・総合興信所」のような形で、幅広く業務を請け負っているのが現状になります。

 

 

名前だけで「どちらが良い」とは、一概に言えないのです。ただ元々の企業形態が、興信所なのか探偵事務所なのかによって差は出てくるかと思います。探偵を昔から行っているほうが、経験が蓄積されていますので。

 

 

興信所の時のなごりとして社名を残している場合もあります。ですがほとんどは、もともとがどういう状態だったのかわかりません。

 

 

どうやって「良い業者」を見分ければ良いのでしょうか。

 

 

浮気調査に強いのはどこ?

 

浮気調査に強いところを探すなら「調査員の能力が高いところ」を見極める目が必要です。

 

 

浮気の調査はどこでも同じように見えるかもしれません。現場を押さえて証拠の写真をとって、あとは報告書。理屈の上では簡単ですが、技術によって成功率に大きな差が出るのも事実。

 

 

ばれないように追跡する力・臨機応変に対応する力。浮気現場をかぎわける嗅覚や、現場を逃さず撮影する能力。簡単そうに見えてもものすごく大変なミッションであるわけです。バレたらすべてが水の泡ですし。

 

 

価格(安さ)にまどわされない

 

探偵業界も競争が激しいですから、あの手この手でお客さんを集めようとします。通信業界のように大手3社が談合しているみたいな業界よりは、競争してくれたほうが消費者のためになるのは確か。

 

 

ただし「安さ」「サービス」に惑わされないことがとても大事なんですね。先ほど申し上げたように、調査能力によって結果がかなり違うのがこの業界。安く済んだけど、全然尻尾をつかめなかった・・とならないように。

 

 

どうしても費用的なことが気になるのはわかります。優先順位をつけるなら、調査力が1番で、価格は2番以下で考えておいたほうがちょうどよいです。証拠を押さえてくれないと、慰謝料もらえませんからね。

 

 

逆に言えば慰謝料をもらえるのであれば、多少高額になっても良いと思います。もらえたお金で十分すぎるほどプラスになりますので。

 

 

調査力で考えるなら、どこ?

 

調査力があるのは「原一探偵事務所」です。正直値段は安くないです。どうしても他の激安業者と比べると値段が目立ちます。ですが「浮気調査で証拠を押さえる」ミッションを頼むなら、まずここで間違いないです。

 

 

探偵業の中では老舗中老舗です。40年以上も探偵業をやっているって、すごいことだと思いませんか。もともと個人事務所で細々とやっていた業界ですから。浮気調査で探偵事務所が一般的になる以前からですからね。

 

 

ずっと培っていた調査力と、常に自前での調査員による調査(外部に頼むこともありますが、すべて原一から独立した人)ですから。

 

 

安さをうたう探偵業者がどうやって値段を下げているか、カラクリを知っていますか?外注に回すんです。いかにも自前で調査をしているように見えて、実際は個人事務所に丸投げ。しかも安い値段で発注して利益を出す。

 

 

もちろん中には優秀な個人の方もいると思います。ですが「調査員の質が安定しない」というのがネックです。「はずれ」にあたったら終わりという、半分「賭け」みたいなものですから。

 

 

「自前の調査員でも、レベルにばらつきがあるのでは?」と思うかもしれません。たしかに100人いて100人優秀な人間なんてのはあり得ません。ですが原一は、高いレベルを保てるように「しっかりした教育」を受けさせているのですね。

 

 

優秀な人間に頼るのか、教育して全体のレベルアップをはかるのか。企業にとっては後者のほうが良いですし、依頼する側も「はずれ」が少ないのです。厳しいカリキュラムに沿って訓練された人が、ハライチの探偵業務を行います。

 

 

大手だからこそできる、というのがあるかもしれませんね。小さいところだと教育にお金なんてかけられませんから。どうしても採用した人間の質に依存してしまうわけです。

 

 

もちろんあなたが、優秀な探偵の伝手があるなら話は別です。ハライチに頼まなくても、その方に直接お願いするべきです。もしあてがないのであれば、原一を候補にしてみてはいかがでしょうか。