妻の浮気を許すことが、本当に自分にとって良いことなのか

自分の奥さんが浮気をしてしまった。「許すべきか、別れるべきか」気持ちが揺れていませんか。

 

 

裏切られたショックと、妻にまだ残る愛情。そのはざまで苦しい日々を過ごしているのかもしれません。

 

 

混乱してしまうのも無理はありませんよね。こちらは家族のために、身を犠牲にしているのに・・

 

 

はたして自分はどう選択するのが良いのか。そんな悩める男性に少しでも参考になる情報を、紹介したいと思います。

 

 

最後までご覧になってください。

 

 

あなたは、奥さんとどうしたい?

 

浮気が発覚した今。奥様に対して、どのような気持ちを持っていますか?複雑に入り乱れているかもしれません。

 

 

それらの気持ちの「根っこ」にあるものは何でしょうか。

 

 

本音は、やり直したい。許したいという気持ちが強いのではないでしょうか。

 

 

でも叶うかどうかわからない不安が大きい。

 

 

なぜなら、別れたければ黙って離婚の手続きをすると思います。許すかどうかで悩むことはないはずです。

 

 

縁があってこのページをご覧になっているということは、別れたくない気持ちが大きいから、あえて情報を求めているのかなと思います。

 

 

「もう二度としません。浮気したことを後悔しています」。おそらくこの言葉を望んでいるのではないでしょうか。

 

 

だったら許せばいいんです・・という簡単な話でもありませんよね。

 

 

旦那さんだけの努力であれば、許すために頑張って努力すれば道は開けるはず。だから許すことを後押ししてあげたいのですが。

 

 

恋愛もそうですが、結婚生活も「相手」がいることなのが難しい。

 

 

自分が妻を愛せるのかという点も大事ですが、相手がそもそも何とも思われていなければ、関係はなりたたないのですから。

 

 

奥さんに「やり直す」気持ちがあるか

 

 

ここで、厳しい現実が待っています。旦那さんだけの想いでは、成り立たないという無常さ。

 

 

奥さんにその気がなければ「元さや」になることは実現しません。残酷に聞こえるかもしれませんが、それが現実なのです。

 

 

・体を許すと、心も奪われて本気になりやすい(ずるずると関係を続けるパターン)

・もともと浮気を繰り返しやすい女性だった(常に浮気を繰り返すパターン)

このいずれかのタイプですと、残念ながら関係修復は難しいもの。

 

 

このような女性に「許す」という甘い態度をとってしまうと、「思うツボ」になります。

 

 

浮気をされて傷ついているのに、さらに追い打ちをかけられると、立ち直れなくなりますよ。

 

 

情があるのはわかりますが、心を鬼にして「自分がいかに損をしないか」を考えるべきなのです。悪いのは相手なのですから。

 

 

どうやって見極める?

 

・ずるずると関係をくりかえす ・常に浮気を繰り返す 

 

 

これらのパターンを見極めるには、どうすれば良いのでしょうか

 

 

。「常に浮気を繰り返す」パターンの女性は、今までの男性遍歴だったり、寂しがり屋な性格だったり。

 

 

そういった部分から見えてくるものはあります。「性癖」なので、その場は改心してもまたすぐに繰り返します。

 

 

きっぱりと別れた方が、あなたも傷を広げずに済むはずです。

 

 

難しいのは「ずるずると関係を繰り返す」ところ。浮気だったのが本気になってしまったパターンです。

 

 

もともと浮気性ではないけれど、燃え上がってしまう場合です。こういう場合は、こちらから「仕掛け」をすることで判断ができます。

 

 

仕掛けとは「浮気相手に慰謝料請求をする」ことをほのめかすのです。当然浮気相手は動揺します。

 

 

ここで関係を切ってくるかもしれません。その時に奥さんが、どういう態度に出るかです。

 

 

必死になって阻止しようとするならば、本気になっている可能性が高いのです。

 

 

これからの相手との生活を考えている証拠です。そうなったらもう無理です。

 

 

無理に"元のさや"に戻しても、陰で愛をはぐくんで「さっと離婚される」のがオチです。

 

 

慰謝料請求をしましょう。奥さんと、浮気相手に宣言するのです。

 

 

浮気相手が奥さんをばっさり切ってくれればそれで良いです。

 

 

奥さんとの関係を切らないのであれば、どちらに転んでも慰謝料を請求して償ってもらえば良いだけの話です。

 

 

実際に請求となると、しっかり慰謝料をとるために「証拠集め」をしなければなりません。

 

 

証拠集めにのやり方については、別のページにて紹介したいと思います。

 

 

未来を見据えた決断を

 

浮気されるのはとても苦しいことですし、難しい舵取りを迫られると思います。

 

 

大事なのは奥さんの出方をよく考えて行動に移すこと。

 

 

そして自分がいかに不利にならないようにすれば良いかを考えること。きれい事ではなく、裏切った相手が悪いのですから。

 

 

周りで浮気された友人がいるのですが、浮気を許してみたはいいものの、未だに苦しさがフラッシュバックして辛い。

 

 

という話も聞いています。仮に奥さんが元に戻ることを熱望しても、そういった苦しさも覚悟しなければなりません。

 

 

浮気をした当事者よりも、された方が何倍も苦しいという理不尽さ。負けずにがんばりましょうね。