浮気調査で探偵事務所からの詐欺に遭わないためのポイント

奥さんが浮気をしていて、真実を明らかにしたい場合。

 

 

探偵事務所に依頼するのが近道ですが、焦って依頼するのは禁物。

 

 

下手な業者に依頼すると、詐欺被害にあう可能性もあります。

 

 

「実際、どういうトラブルが起きている?」
「どうやって悪徳業者を見分ければ良い?」

 

 

気になる疑問にお答えしたいと思います。

 

 

どのようなトラブルが起きている?

 

ただでさえ浮気という、精神的ショックが大きいものを抱えている状態。

 

 

これ以上ショックは受けたくないもの。

 

 

実際に依頼者と探偵事務所の間で、どのようなトラブルがあるのか見ていきましょう。

 

 

料金の水増し

 

「見積もりの時の値段と、実際に請求された値段があまりに違う・・」

 

 

払うことを拒否する素振りを見せると、ものすごい勢いで責め立てる。こちらが反論できないように、力で押さえつける。

 

 

このような業者に限って、最初だけは妙に下手に出てくる傾向があります。何かにつけて理由をつけて水増しする業者には注意を。

 

 

調査の手抜き

 

不当な料金を請求する以外に、多いのがこの手口。

 

 

調査をしっかりやっているように見せかけて、実際はほとんど何もしていない。

 

 

適当に報告書をでっちあげて「浮気しているようですね」で済ませるパターン。

 

 

これだけなら、まだマシな方。ひどいところになると、「追加料金を支払ってくれれば、確実に証拠をつかめます」といいます。

 

 

追加料金を支払ってもらってから、ようやくまともに調査するというケースもあるのです。

 

 

成功報酬型のワナ

 

実際に浮気調査して、成功した時だけで料金を支払って良い「成功報酬型」。

 

 

利用者にとって良さそうに一見見えますが、気をつけた方が良いです。

 

 

成功を「浮気の事実があったこと」で済ませて料金をとろうとするケースも非常に多いです。

 

 

本来であれば、裁判で不貞の事実を示す証拠を撮ってもらうこと。

 

 

探偵事務所の都合の良いようにされることも。

 

 

必ず「何をもって成功か」ということをすりあわせておく必要があります。

 

 

「常識でしょう」という言葉は、悪質探偵事務所には通用しません。

 

 

また、成功報酬型で気をつけたいのが「着手金」。成功したら後払いで、まずは30%ほど支払うように催促されます。

 

 

着手金だけもらっておいて、あとは知らぬ存ぜぬで通す業者もいますので注意したいところ。

 

 

見分けるためのポイント

 

このように書くと「探偵事務所ってどこも胡散臭い・・」と感じるかもしれません。

 

 

今回紹介したのは、ごく一部の悪徳業者のケース。実際は優良な探偵事務所もたくさんいます。

 

 

一部の業者のために、業界全体が嘘くさく思われるのが辛いところですね。

 

 

では「優良」な探偵事務所を見分けるには、どこを見れば良いのでしょうか。

 

 

届けを出しているか

 

絶対と言っても良いくらいのチェックポイントです。探偵業を行う際は、必ず届け出を公安委員会に出す必要があります。

 

 

届け出が受理されたところは、「探偵業届出証明書」があります。事務所で必ず掲示していなければならないものです。

 

 

事務所に出向く前にも、ホームページで"探偵業認定番号"の掲載があるかどうかを確認する必要があります。

 

 

誇大広告がないか

 

「必ず成功します」「裁判所で100%勝てる証拠を撮ります」などのうたい文句。

 

 

探偵業も競争が激しいですから、ある程度のキャッチーな言葉は必要かもしれません。

 

 

ただあまりにも、極端な宣伝文句を掲げているところは怪しいです。

 

 

成功は100%なんてことはありえません。必ず満足いただけますというのも、大げさな表現です。

 

 

優良な探偵事務所であれば、そこまで大げさなことはうたいません。後々のトラブルになるのは目に見えてますから。

 

 

そのリスクを知っていて、仕掛けてくるというのは「ねじふせてくる」可能性があるということ。怖いですね。

 

 

また、料金の過剰なうたい文句も禁物です。業界平均と比べて、極端に値段が安いところは怪しいです。

 

 

探偵の調査料金は業界で暗黙で決めている「相場」があるのです。

 

 

それから大きく外れているのは、裏があると考えておいた方が良いでしょう。

 

 

事務所を構えているか

 

ちゃんとした探偵事務所を構えているか、これ重要です。

 

 

悪質な探偵事務所の多くは、悪質な行為をして「消えては出てくる」ことを繰り返します。

 

 

マンションの一室で行っている所だと、「すぐ出ていく」ことを想定している業者なのかもしれません。

 

 

ホームページが立派なものだと、大きなオフィスを勝手に想像してしまうことがあります。

 

 

実際、ホームページはお金を出せばいくらでも作れるのです。

 

 

拠点の住所を調べる

 

ホームページで会社の住所は必ず記載しています。googleマップを使って、住所を入れて確認してみるのです。

 

 

実際の外観がネットですぐにわかりますから、ただのマンションの一室か、色々なオフィスが入った雑居ビルかは一目瞭然。

 

 

あとは従業員の数も参考になると思います。ある程度の規模であれば、安心できると判断して良いでしょう。

 

 

拠点が複数あれば、なおのこと安心できます。

 

 

大きければ良いというものではありませんが、探偵業に限っては大手の方が安心できるという事実があります。

 

 

訪問するときに事務所で面談してくれるか

 

実際に依頼する時に、きちんと事務所で応対してくれるかどうか、確認しましょう。

 

 

向こうから喫茶店などを提案するのであれば、怪しいです。

 

 

 

電話口で催促されないか

 

悪質な業者の多くは、調査をせかします。

 

 

黙っていたら大手に決まってしまうので電話がかかってきたら、すぐに面会を促します。

 

 

会いに行ったら最後、とにかく契約を強引に迫ってくることもあります。

 

 

問い合わせの際に、電話口で妙に催促されないかも判断基準に入れて良いでしょう。